『食べ方は、生き方』

食べるという、当たり前の習慣にこだわった「ベジファーストのお弁当」


人のカラダは60兆個の細胞でできています。
ベジファーストのお弁当は、ただカロリーを満たすだけのお弁当ではなく、
細胞のひとつひとつに栄養を届け、明日の元気を作る源になるお弁当を目指しています。
 
肉・魚といった素材(お弁当)は、
どこでも手に入り、食べる機会も多いと思いますが、
 
野菜となると、サラダか煮物。
意識をしていないと、外食が続いたり、野菜を食べる機会が無かったり。
週に1回だけでも、野菜を食べ欲しい、野菜を食べる機会を増やし欲しいと、
野菜と栄養にとことんこだわって、毎日飽きないように日替わりメニューを作っています。

料理教室で培われた経験と
薬剤師・管理栄養士のこだわりの視点

 

 

 

 

 

ベジファーストのこだわりポイントその1


 

ベジファーストのこだわりポイントその2