麻婆

【麻婆】
豆腐を使った麻婆豆腐。
中華のメニューの中でも人気TOP10に入るメニューでは?
麻婆と言えば、昔料理の鉄人と言うTV番組があり、
鉄人の一人「陳健一氏」の父が広めたと言われています。
そのため麻婆豆腐ではなく、正式には『陳麻婆豆腐』と言うそです。
(メニューに自分の名前がつくって凄いですね。)

麻婆は身近で、昔からある様に思っていたのですが、
実は以外にも歴史が浅い様です。
豆腐協会さんのHPにその歴史の紹介がありましたので、
ご紹介しますね。

「四川省の都・成都…」

この料理の生みの親は、四川省の都・成都に住んでいたチャオチャオという女性でした。彼女は顔にあばたがあるものの、とても魅力的な少女だったようです。

17歳で結婚した彼女が移り住んだのが、成都の郊外の三軒長屋。その住まいの両隣には、豆腐屋と羊肉屋がありました。菜種工場で働く夫と彼女は仲睦まじく暮らしていたのですが、その夫が10年後に急死。若くして未亡人となったチャオチャオは、

引用元:日本豆腐協会 豆腐の歴史より