こんにちは〜

食べ方マインドをお伝えする
えがわひろ子です

今日も最高に気持ちい天気です。
本日のvegefirstは、毎日のお弁当に加えて
くる飯弁当、スペシャルデリ弁当と種類が多く
朝からスタッフとテンション上げて
お弁当を仕込んでました。

お弁当、たべてくれてありがとう!
野菜の大切さを感じてもらえて、
最高〜〜〜〜〜です

ホルモンの話題、続いてますよ〜〜

ダイエットの成功
アンチエイジングの成功など
ホルモンを味方につけると
思う結果を導きやすくなります

なぜなら!

今日も貴方のカラダ(血管)の中を
100種類以上のホルモンが
情報伝達に駆け巡っています

科学が進化し、
新ホルモンが続々と見つかっています

伝達ミスが起これば
思う結果が遠くなる
ちゃんと伝達されれば
思う結果により近く

人生の選択みたいですね

若返りホルモンをより正しくカラダに伝達するには?

睡眠の大切さは色々と問いてきましたが、
寝たら、必ず起きる!ですよね

この寝起きの質も、
若返りホルモン<成長ホルモン>に関わっています

昔は目覚まし時計でしたが
最近は携帯(スマホ)の機能を
目覚ましに代用される方も多いのでは?

私も、スマホ目覚まし派です
2度寝の寝過ごし防止に、利用しています(笑)
が、このスマホ目覚まし
夜の睡眠に影響を及ぼしていると知って
正直驚きです


スマホのスヌーズ機能は要注意

スヌーズ機能を使い続けると
目覚めが悪くなり
起床後の活力低下につながる

という研究結果があるそうです

詳しくはこちら

そもそも、睡眠時はご存知の通り、レム睡眠とノンレム睡眠を繰り返しています。寝始めてから、ノンレム睡眠の中でも浅い眠りである睡眠段階1からスタートし、睡眠段階2~4を経てレム睡眠が出現。一晩で、ノンレム睡眠とレム睡眠が周期的に交代して出現しますが、後半は睡眠段階2とレム睡眠が多くなっていき、目覚めるのが理想です。
しかし、それを妨げるのがなんと、スヌーズ機能なんです。本来、夜寝はじめてから約3時間以内に80〜90%出現する、ノンレム睡眠段階3・4の脳波が、スヌーズ機能によって、出現するはずのない朝に出現するということがわかっています。
深い睡眠時にスッキリ目覚めるなんて、どんな人でも難しいこと。だから、アラームのスヌーズ機能は、スッキリ寝起きの大敵なのです。

引用元東洋経済ONLINE 明日から試したい、「スッキリ寝起き」のコツ

便利なものの反対側があるんですね

スヌーズでスムーズな寝起きを目指していましたが
明日からは目覚まし時計の復活を検討したいと思います

どんな朝が迎えられるのか?
どんな睡眠が待ち構えているのか?

楽しみです

スヌーズ機能をご利用の方がいらっしゃったら
チャレンジしてみてはどうでしょう?

明日は、起きるをもう少し掘り下げてみたいとおもいます。

では〜〜お昼の時間をたのしんでください。

🥕🥕 e-Blance Vegefirst🥕🥕

説明のいるお弁当
お昼ご飯を変えるだけで
手軽ダイエット、美容をサポート
30代を過ぎたら、体脂肪が30%台の人は
vegefirstのお弁当で
健康的な美しさを目指してください!
>>vegefirst-obento

えがわひろ子です
いつもコラムを読んでくださりありがとうございます
食から始まるライフスタイルの提案をしています。
現在、ミドルエイジのための体質改善ダイエット発信中
何をどう食べたら良いか?
自分にあった食べ方がピンポイントで分かります。
>>Personal Food Coach Academy
>>えがわひろ子 メッセージ